冷し家快蔵、日本大好き!

こんなに美しい国に生まれて、何の不満があろうか。 こんなに優しい国民に囲まれて、何の文句があろう。 美味しい食べ物。美味い酒。 千代に八千代に。君とともに。

忘れてはいけないエライ方たち

DSCF6788武漢が封鎖された頃、大量の防護服をチャイナに贈った東京都知事。数万枚のマスクをチャイナに届けた某県知事。国会議員に歳費から一律5000円を天引きして、チャイナに寄付をしようとたくらんだ2階の人。われわれの税金をなんだと思っているのか。こやつらは、次の選挙で絶対落とさねばなりません。

五度目の魔女の一撃

土曜日にマンションの住人による雑草取りに張り切ってしまったのが原因か、その前から2日ほど1万歩歩いたのがたたったのか、どうも腰の具合が悪く、ぎっくり腰になる予感がしていました。

この木曜日、仕事で腰を屈めて、書類箱を持ち上げようとしたその瞬間。3年ぶりにひょうたん島からマジョリータが箒に跨ってやって来て、方向転換して、急速度でバックし、箒の柄の先端をぼくの腰にぶつけたのです。


やってまった!!!


腰全体に衝撃を感じ、絶望的な痛みが、尾てい骨の10センチ上、5センチ中あたりに、走りました。
何度もやっているので、このあとはどうなるかわかっています。
1日目は、とにかく動けない。寝返りも不可能。
2日目は、歩けることは歩けるが、速度が亀さん並み。少しでも腰に負担をかける動作をすると、腰
     に激痛が走る。トイレの大は力むと痛い。パンツを下ろすのさえ困難。便器から立ちあがる のに5分くらいかかる。
3日目は、今日、ようやくのろのろ速度で歩ける。イオンに用もないのに行ってきた。
 
    

ありがたいことです。

DSCF9335


マスク2枚を各世帯に届けてくださるそうだ。

たとえ2枚でも、自分で作るとなると大変だ。それをただで国民に下さるというのだ。

民のかまどから煙が少ししか出なくなっている。

民の方ももう少し耐えねばならぬ。
ギャラリー
  • 忘れてはいけないエライ方たち
  • ありがたいことです。
  • 百舌鳥がそう言うなら
  • チョウサギ
  • 若水
  • 2020年初日の出
  • 平成最終日
  • グリーンブック
  • たぶん4度目の魔女の一撃 その3
アーカイブ
  • ライブドアブログ